成績上位者には効果なし?

個別指導塾は普通から下位の成績の生徒向き

個別指導塾に最も向いているのは、成績が普通から下位で、勉強に苦手意識を持っているタイプの生徒です。このような生徒は、学校の授業で分からないことがあるのに、周りの生徒や先生に聞くことができず、積み残しをたくさん作ってしまっている場合も多いです。集団指導では手の届きにくい、各学年の積み残しの解消を個別指導で丁寧に行っていくことで成績を伸ばすことができます。

また、ほかの人の目を気にしやすい、競争的な環境が苦手というタイプの生徒も、個別に区切られた空間で自分のペースで指導を受けることで、安心して学習に向かうことができます。受験という最終的な目標を考えると、集団の中での競争にいずれは慣れていく必要がありますが、まずは落ち着いた環境で学習への理解度を上げることで自信も生まれ、力を発揮できる場面も増えていくことでしょう。

成績上位者は競争的な環境のほうが伸びやすい

学校での成績が上位の生徒は、既に集団内での学習やテスト場面で力を発揮できていることから、競争的な環境をあまり苦手としないタイプだと考えられます。このような生徒の場合、個別指導塾では、集団指導型の塾ほど大きく成績が伸びないことのほうが多いです。

個別指導塾は、授業が生徒の理解に合わせて後追いになることが多く、生徒の理解を先取りしてぐいぐい引っ張り上げるような形の授業はあまり行われません。成績上位者がさらに能力を伸ばすには、高いレベルの目標と内容に向かって、仲間を意識したり切磋琢磨したりできる環境のほうが望ましく、個別指導塾の指導は物足りないという場合もしばしばです。ただし、難関校の受験対策として、集団指導塾の内容の補習のために個別指導塾を活用することも可能です。

大学受験の個別指導は、生徒と保護者が連携をして、色々なことを分析しながら、高度な知識を身に付けていきます。