予習重視か復習重視か?

予習重視と復習重視は何が違う?

個別指導塾を選ぶ時に、注意しなければならないポイントがあります。それは、その個別指導塾が予習と復習のどちらを重視しているかということです。どちらを選ぶかによって塾では全く別の指導法になってしまうので、注意が必要です。 予習を重視する塾の場合、塾の授業では学校の授業よりも先に進んだ勉強を教えてもらえます。この場合、学校では一度塾で習ったことを勉強するので、授業を理解しやすくついていきやすいというメリットがあります。復習を重視する塾の場合、学校で一度学習した内容をもう一度塾でやることになります。この場合は、自分で理解出来ていない部分をもう一度教えてもらえることで、学習内容が定着しやすいというメリットがあります。

塾選びは慎重にしよう!

予習重視と復習重視のどちらの個別指導塾が良いのでしょうか?これは、実際に通う生徒の性格によって変わってきます。学習意欲が高くどんどん先の勉強をしたいと思う子は、予習重視の個別指導塾が向いています。逆に、学習定着に時間がかかる子や授業の内容が分かっていることで学校の授業を軽視してしまうようなタイプの子は、復習重視の個別指導塾が向いていると言えます。

どちらの個別指導塾を選ぶにしても、塾選びは子供がその塾に合う合わないということがとても大切になってきます。塾を決める際には、必ず体験してから入塾を決めるようにしましょう。個別指導塾の場合は集団で教える塾と違い予習復習に関して柔軟に対応してくれることもあります。

中学受験の個別指導は、志望校のレベルや習い事との両立など子供によってはメリットがたくさんあります。実績やカリキュラムの豊富な大手進学塾と比較して、生徒一人ひとりに合わせた指導を受けられるのが魅力です。