成績が中位以下の生徒が最適?

講師との相性が合いやすい

子供を塾に通わせる場合に選択肢となる集団指導塾と個別指導塾のうち、成績が中位以下の子供に相性が合いやすいのは後者です。集団指導塾の場合は、多数の子供を少数の講師が担当するという性格上、優秀な講師を集めやすいのですが、個別指導塾の場合には子供の数に応じて講師の人数をそろえなければならないため、必ずしも優れた講師だけを集めるわけにはいかないのです。そのため、必然的にそこまでハイレベルではない講師も存在することになるのですが、そういった講師はトップクラスの生徒を指導するのにはあまり向きません。しかし、逆に中位以下の生徒を教える場合には、彼らの気持ちをよく理解できるため、生徒に応じた教え方ができるというわけです。

生徒が脱落するのを回避できる

集団指導塾では複数の生徒が同時に講義を受けることになるため、成績が中位以下の生徒の中には、途中で講義の内容についていけなくなって脱落してしまう者が出てきてしまう可能性があります。一方、個別指導塾の場合には、基本的には生徒一人ひとりに寄り添った教え方ができるため、仮に教えた内容を生徒が理解していないということが分かれば、レベルを落として再度同じ内容を説明するといった柔軟な教え方が可能です。集団指導塾に比べて個別指導塾の方が、生徒が脱落するという事態を回避しやすいため、勉強を苦手としている中位以下の生徒が通うにはより適しているといえるでしょう。ただし、個別指導塾だからといって絶対に脱落しないというわけではありません。

中高一貫の塾には受験に精通した講師が多数在籍していて、受験に向けた綿密なカリキュラムが存在しています。